介護福祉士実務者研修とは?資格取得|通信講座で一発合格!

介護福祉士実務者研修とは?

介護福祉士実務者研修は2013年度から資格制度が新しくなり、ホームヘルパー2級、ホームヘルパー1級、介護職員基礎研修などがありますが、この3つの資格制度は廃止になります。

 

ただ、すでにホームヘルパー2級やホームヘルパー1級、介護職員基礎研修の資格を取得している方であれば、そのまま介護の仕事を続ける事が出来ます。

 

新制度では介護福祉士実務者研修課程がそのまま介護職員基礎研修やホームヘルパー1級に相当しますが、介護福祉士実務者研修の資格を取得する為には、働いている方であれば3年の実務経験と6ケ月以上の実務者研修の受講が義務付けられており、通学などの専門学校などであれば2年間の通学後、卒業後に国家試験の受験が義務づけられています。

 

介護福祉士実務者研修は、介護職員基礎研修とは違い、50時間の医療的ケアも含めた勉強方法が入っていて、介護職員基礎研修講座受講の方であれば、

 

喀痰吸引受講

 

筆記試験

 

実技試験

 

 

を受けて介護福祉士の資格取得になります。

 

研修内容に含まれている実技試験においてですが、研修で学ぶ知識や技術は在宅や施設の双方で共有出来る内容や、介護技術演習42時間を75時間への拡充、認知症への理解と重点科目、研修を通した3つの評価段階的導入などのポイントがあります。

 

演習前の基礎知識を確認する筆記試験や、介護技術演習として手順を講師が評価しあうなどもあるので、介護福祉士実務者研修の資格取得を目指す方であれば上記の事を踏まえて資格取得を目指してみるといいと思います。

 

新制度改正の介護福祉士実務者研修の資格を取得したいと思っている方で、一人で独学で学ぶのにちょっと自信がないと思うのであれば通信講座や専門校などを調べてみるといいと思いますよ!

 

 

 


実務者研修の資格を最安値で取得

実務者研修資格

 

 

>>介護福祉士実務者研修 最短・最安で資格取得なら TOP


このページの先頭へ戻る