介護福祉士実務者研修の難易度・合格率|資格取得 通信で一発合格!

介護福祉士実務者研修の難易度・合格率

介護福祉士実務者研修 合格率

介護福祉士実務者研修の合格基準点は平成23年度だと75点です。介護福祉士実務者研修の試験内容は実技試験と筆記試験の2つになりますが、

 

120点中で平成23年度であれば72点が合格のボーダーライン

 

その年の問題の難易度により上下すると言われています。

 

実技試験を受講していない方の場合においては筆記試験に合格するとそのまま実技試験を受験出来る仕組みになっています。

 

平成23年度の筆記試験の内容には午後は障害者関連と脳血圧障害、糖尿病、脳梗塞などの疾患の問題が多かったですが、介護福祉士実務者研修の筆記試験を受けて落ちた場合については来年度も筆記試験からの始まりで実技試験を受ける事は出来ません。

 

また実技試験不合格の場合においても来年の筆記試験からの試験になるので介護福祉士実務者研修を取得したい方は頭に入れておくといいと思います。

 

インターネットなどで調べる介護福祉士実務者研修などの筆記試験の合格点などは、ほとんどが根拠が無いと言われている為、自己採点をしたい方は筆記試験の結果だけではなく、実技試験の合格もあわせ自己採点してみるといいと思います(上記参照)

 

実技試験の合格ラインは100点からの減点方式で60点がボーダーラインだと言われています!

 

実技試験の難易度ですが、その年の実技試験の難易度で補正されます。筆記試験と同じ方式なのでこちらについても合格のボーダーラインは分からないと言われています。

 

インターネットで実技試験の合格を調べたい場合においてですが、筆記試験と違い実技試験は基準点の発表が公表されなく、自身で問い合わせを試験センターにしても教えてもらえないのです

介護福祉士実務者研修の資格を取得したい方であれば公益財団法人社会福祉振興・試験センターの公式サイトをチェックしてみると過去の筆記試験内容などが把握出来るので気になる方はみてみて下さい。

 

 


実務者研修の資格を最安値で取得

実務者研修資格

 

 

>>介護福祉士実務者研修 最短・最安で資格取得なら TOP


このページの先頭へ戻る