介護の資格は就職に有利?|介護福祉士実務者研修 資格取得

介護の資格は就職に有利なのでしょうか?

例えば初任者研修の場合ですと、求人に初任者研修以上もしくは経験者などという求人はよく見かけます。しかし、介護の現場は何処も人手不足ですので、未経験者でもOKという求人もそれなりに見かけます。求人雑誌を眺めるといつも介護コーナーがあり、いつでも人手不足で直ぐに就職できるように見えます。

本当に資格は必要なのでしょうか?

 

資格は介護のステータス

実務者研修は、介護士としてのステータスです。初任者研修でもいいのですが、初任者研修だけですと、その上にある介護福祉士の資格を取る事ができません。そうした意味で、将来的に考えても実務者研修は受けておいた方がいいのです。

 

実務者研修があるだけで、介護の知識を持っていると思われます。実際に介護の知識は持っていますし、実務者研修では虐待防止や利用者から見た介護というのを叩き込まれますので、粗暴な介護をする事はありません。介護の理念を知っているというだけで、だいぶ違うのです。

 

就職でも有利

実務者研修は転職でも有利に働きます。

初任者研修以上でないと受けられない求人を受ける事ができます。それだけでたいぶ求人に応募できる幅が広がってきます。実務者研修を受けていれば全ての介護の求人に応募できるといっても過言ではありません。

 

また介護の世界は福利厚生が整っているかいないかなど様々な条件があります。何処も人手不足ですが、福利厚生がきちんとしていて給料も高い病院系列の介護職というのは、介護の世界でも人気があります。そして、当然、給料の多い求人は競争率も高くなっています。そうした中、実務者研修を取っているというのは、目立つ存在です。実務者研修があるだけで、ライバルとの差をつけられます。

 

介護の世界では介護福祉士を取るのが最も高いステータスなのですが、そうした資格につなげる事もできる資格です。就職に役立ちます。

 

転職をする際には

 

経験日数などを元に実力を見るのですが、そうしたものは自己申告のため、曖昧な部分があります。しかし、資格を持っているというのは確かな証拠がありますので、信用されます。

 

実務者研修は本当に就職に役立つのかという事を疑問に思っている人もいるかと思います。

 

ただ実務者研修は絶対に就職に役立ちます。未経験者ならば経験者として扱われますし、経験者でも実務者研修を受けているとなれば真面目な人なのだと評価されます。就職でも転職でも実務者研修は有利に働きます。

 

 

 


実務者研修の資格を最安値で取得

実務者研修資格

 

 

>>介護福祉士実務者研修 最短・最安で資格取得なら TOP


このページの先頭へ戻る