介護福祉士実務者研修の年収と給料|資格取得 通信講座で一発合格!

介護福祉士実務者研修の年収と給料

介護福祉士実務者研修の年収と給料についてですが、

介護福祉士の年収は一般的に250万円〜400万円になっています

 

介護福祉士の初任給は、12万円から14万円と安く設定されていますが、ホームヘルパー2級(介護初任者研修)、ホームヘルパー1級(介護実務者研修)などの資格を取得していると資格手当が3000円から10000円程度までつく事があります。

 

その他にも、休日割増や休日手当、夜勤手当などがあり、最終的には手取りで16万円から18万円位になる場合があります。介護福祉関係の学校を卒業して就職する場合においては、初任給は16万円前後位になりますが、これは学生達に特別養護老人ホームや、老人保健施設などの介護施設を就職先として紹介している場合が多いです。

 

介護福祉士実務者研修の資格はホームヘルパー1級の資格取得とほぼ同じ資格ではありますが、介護福祉士実務者研修の資格の方が喀痰吸引と言って医療専門知識を学ぶ事も出来る為、

 

現在ホームヘルパー1級の資格取得を所持している方であれば

 

講座時間を免除される介護福祉士実務者研修の資格を取得して次の資格取得に繋げた方がお給料に反映されると思うのでおススメです。

介護士の年収は男性であれば、平均360万円前後になり、女性であれば300万円前後の年収になっていますが、高齢化社会の日本は今後は介護業界の売り上げが上がっていく事が予想されると言われています

介護福祉士実務者研修の資格取得を目指すにおいて最大のメリットは介護業界の人手不足にあります。
一般的に35歳を過ぎると転職は困難と言われていますが、資格があると仕事にすぐ就職する事が出来る介護業界にはメリットがあります。安定的な就職先を探している方は介護福祉士実務者研修を取得してみてはいかがでしょうか。

 

 


実務者研修の資格を最安値で取得

実務者研修資格

 

 

>>介護福祉士実務者研修 最短・最安で資格取得なら TOP


このページの先頭へ戻る