ホームヘルパー2級とは?|資格取得 通信講座で一発合格!!

ホームヘルパー2級とは?

ホームヘルパー2級のお仕事は

 

介護の職場に就く事が出来る入口のような資格です。ホームヘルパー2級の資格を取得する為には、無資格者の方であれば講義58時間、実技講習42時間、介護実習、施設や訪問介護事業所での実技が30時間の合計130時間受講になります。

 

ホームヘルパーの資格を無資格者の方で受講したい方であれば、求人掲載などに受講料を負担してくれる求人なども記載してある為、働きながら資格を取得する事も出来ます。

 

ホームヘルパー2級の実技講習を受ける場合は、講師陣の経歴により教わるスキルが違ってくると言われていますが、ホームヘルパー2級の講座は施設対応の介護技術を実技講習で教わります。
介護ベッドや、お風呂など整った環境の中での介護実技になりますが、在宅の仕事に資格取得後、就きたいと考えている方であれば布団での介助についても教えてもらうか、布団介助の講座もしている所で実技受講するといいかもしれません。

 

ホームヘルパー2級の資格は2013年度から介護職員の養成研修の改正の為、ホームヘルパー2級は廃止され2013年4月移行から介護職員初任者研修に変わります。

 

改正される介護職員初任者研修は、全過程終了後の筆記試験が必須になり、ホームヘルパー2級の資格所持者であれば介護職員初任者研修の修了者として通用する事が出来ます。また、従来のホームヘルパー2級の資格と介護職員初任者研修の違いは認知症に関する内容などの追加にあります。ホームヘルパー2級の受講内容では見学で終わった受講講座なども通学カリキュラムなどが増える為、廃止される前にホームヘルパー2級の講座を終了し、介護職員初任者研修の講座受講の際に講座免除などをしたい方は増えています。

 

ホームヘルパー2級は求人広告に掲載されている資格でホームヘルパー2級の資格を取得している場合はすぐ正社員になれたりする場合もありますが、介護業界は人材不足な為お給料の安定を図りたい方や安定した職業を探している方であれば介護職員になる為の資格取得をした方がいいと思います。

 

 


実務者研修の資格を最安値で取得

実務者研修資格

 

 

>>介護福祉士実務者研修 最短・最安で資格取得なら TOP


このページの先頭へ戻る