在宅介護と施設介護の違い|資格取得 通信講座で合格

在宅介護と施設介護の違い

介護を考えている人は、在宅介護か施設介護のどちらにしようかと悩んでいる人もいるかと思います。在宅介護と施設介護の違いはどのくらいあるのでしょうか。また、給料面などどちらの方が優遇されているのでしょうか?

 

在宅介護と施設介護

 

在宅介護はその名の通り、在宅で介護をするものです。反対に施設介護とは施設の中で入居してもらって介護をするものです。最も違う点は移動です。

 

在宅介護は

 

その利用者さんへの家へ車で移動しなければいけません。中にはその移動中に他のスタッフと会話ができて楽しいという人もいれば、他人の家へお邪魔するのは緊張するという人もいます。移動をしている時間はフリーダムですので、何をしていてもいいです。そうした意味では在宅介護は楽なのかもしれません。

 

施設介護の場合ですと、完全に施設に利用者さんが入居していますので、その施設へ移動して、そこで介護を行う事になります。この場合ですと、完全に施設はバリアフリー対策をしてありますので、介護しやすいのはどちらかというと施設介護になります。

 

また施設介護は夜勤があります。在宅介護は夜中に訪問するなどもってのほかですが、施設介護の場合ですと、1日中利用者さんの事を見ていなければいけないので、夜勤があります。そして、夜勤手当がつくため、給料的にも施設介護の方が高い事が多いのです。

 

どちらが楽か

楽という意味で考えれば在宅介護の方が圧倒的に楽です。利用者さんの家にいって、必要な介護をすればいいだけですので、その人の全てを介護しなければいけない施設介護に比べると、かなり限定的な介護となります。在宅介護は大量に家を回っていかなくてはいけないという事情もあるにせよ、介護が限定的であるという観点からいうと、楽であるといえます。ただ、介護の内容は人によってかなり違うものになりますので、そうしたものを覚えておく必要はあります。

 

ただ、慣れれば施設介護の方が楽という人もいます。特にグループホームなどでは、そこまで多い仕事があるわけではないので、全体的な仕事量を考えれば施設介護の方が少ない場合もあります。また、施設介護はする事が決まっているので、マニュアル通りに動けばいいという人にとっては、そっちの方がいいです。

 

在宅介護と施設介護は違いがあります。どちらにしたいかというと、人それぞれ個性が出ると思います。転職がしやすい職種でもありますので、在宅介護と施設介護の両方をやってみるという手もあるでしょう。

 

 

 


実務者研修の資格を最安値で取得

実務者研修資格

 

 

>>介護福祉士実務者研修 最短・最安で資格取得なら TOP


このページの先頭へ戻る