実務者研修と初任者研修の違い|介護実務者研修 資格取得

実務者研修と初任者研修の違い

実務者研修と初任者研修は大きく違ってきます。二つは旧ヘルパー1級と旧ヘルパー2級の役割をしていて、実務者研修の方が上位の資格になる事は間違いありません。しかし、それだけではないのです。

 

介護福祉士制度の改正

 

介護の世界では資格がものを言います。しかし、その制度がころころ変わるのが介護の世界です。何故ならば、少子高齢化社会になってきて、多くの負債を抱える日本は、福祉をどう削るかという事が国の課題になってきています。そのため、介護士の世界の資格も制度一つでころころと変わってしまうものになっているのです。

 

そのため、今までは経験年数3年があれば、筆記試験と実技試験を受ければ取得できた介護の世界の一つの目標である介護福祉士の資格なのですが、筆記試験と「実務者研修」が義務づけられるようになりました。つまりは実務者研修がなければ、介護福祉士になれないというわけですね。

 

そのため、実務者研修は非常に大切な資格となっているのです。初任者研修では、その受験資格を手に入れる事ができません。

 

履歴書でも大きな違い

 

やはり世間一般的にいうと、実務者研修の方が初任者研修よりも取得が難しいとされています。実際に試験内容などを見ると、初任者研修は勉強をしなくとも受かるレベルの試験しかありませんが、実務者研修となると試験の数が2つある上に、どちらもそれなりに難しい試験となっています。そうした実力をしっかりとつけていると認められるという意味で、実務者研修は初任者研修よりも優れているといえるのです。

 

そのため、履歴書に書けば重みが違います。やはり実務者研修を受けた人というのは、即戦力として見られますし、期待もされます。初任者研修の場合ですと、割と多くの人が取っている資格ですので、「あって当然」というくらいのものです。

 

たん吸引ができる場合も

実務者研修の授業ではたん吸引の事も一部行えます。これは看護師特権の医療行為なのですが、たん吸引の技術を学ぶ事で、たん吸引の資格取得に関して一部免除になる可能性があります。また、たん吸引の資格を持っていると実務者研修の実習などが一部免除されるという相互関係を持っています。

 

初任者研修ではそこまでの資格はありません。

 

実務者研修は様々なメリットがある

そうしたメリットをしっかりと把握して、まずは一つの目標として、取得できるようにしてみてください。きっと、世界が広がるはずです。

 

 

 


実務者研修の資格を最安値で取得

実務者研修資格

 

 

>>介護福祉士実務者研修 最短・最安で資格取得なら TOP


このページの先頭へ戻る