介護福祉士実務者研修の受講資格|資格取得 通信講座で一発合格!

介護福祉士実務者研修の受講資格について

介護福祉士実務者研修の受講資格は、

介護職員初任者研修資格所持者の方

 

無資格の方でも受講可能

 

実務経験と資格をお持ちの方であれば介護福祉士実務者研修の受講時間はある程度、免除される場合がありますが、

 

無資格の方が介護福祉士実務者研修を受講する場合においては免除はありません

 

介護福祉士実務者研修の受講資格者

@介護系の資格自体を全く持っていない方であれば、ホームヘルパー2級(介護職員初任者研修に改正)を取得してから介護福祉士実務者研修の受講資格を受講すると130時間免除になり、実務者研修を320時間受講すると介護福祉士実務者研修を取得する事が出来るようになります。

 

ホームヘルパー2級(介護職員初任者研修)をお持ちで実務経験1年以上の方であれば、介護職員基礎研修を150時間受講するといいです。

Aホームヘルパー1級をお持ちの方であれば、355時間が免除になる為、その後介護福祉士実務者研修の95時間を受講すると介護福祉士実務者研修の受講資格を取得する事が出来ます。

B介護職員基礎研修の資格を取得している方であれば、400時間の免除になり50時間の受講が必要になります。

 

介護職員基礎研修とホームヘルパー1級の資格は介護福祉士実務者研修に1本化されますが、介護福祉士実務者研修には医療系知識が必要になる為、現在お持ちの方でも介護福祉士を目指す方であれば資格取得しておいた方がその後のスキルアップに繋がりやすいです。

効率的に介護福祉士を目指す方を目的とする制度改正は、受講と実務時間の両方を必要とする為、ホームヘルパー2級や、ホームヘルパー1級の資格を取得している方は早めに介護福祉士実務者研修の資格取得をおススメ致します。

 

 


実務者研修の資格を最安値で取得

実務者研修資格

 

 

>>介護福祉士実務者研修 最短・最安で資格取得なら TOP


このページの先頭へ戻る