旧ホームヘルパー1級と介護福祉士実務者研修の違いは?資格を通信で

旧ホームヘルパー1級と実務者研修の違いは?

ホームヘルパー1級

介護福祉士実務者研修は旧ホームヘルパー1級の代わりにできた資格です。

 

その違いというのはあるのでしょうか?

 

ただ名前が変わっただけという事はないのでしょうか?

 

 

介護福祉士の実技免除になる

介護福祉士実務者研修で最も大きな点は介護福祉士の実技免除

介護福祉士というのは、介護をやる人にとって一つの大きな目標です。これがあるだけでほとんどの会社は資格手当として5000円をつけてくれます。転職にも非常に有利に事を進められます

 

介護福祉士には筆記試験と実技試験の二つがあります。筆記試験に合格しても、実技試験が不合格であれば、また筆記試験も含めてやり直さなければいけません。その実技試験が免除になるのです。これはかなり大きなものです。特に実技に自信がないという人にとっては必要不可欠なものでしょう。

 

また介護福祉士を受ける際には必需科目になるという法整備の関係もあります。実技試験がなくなる代わりに、実務者研修を受けなければいけないという風に法整備がされていくのですね。

 

介護の世界は福祉分野という事で

 

法律がころころと変わります。しかし、実務者研修が介護福祉士の必須条件となる事は間違いなく決まっている事ですので、介護福祉士を受ける人は、ホームヘルパー1級の資格は2016年はないので介護福祉士実務者研修を受けるべきなのです。

 

>>>実務者研修の資料請求はこちら

 

ホームヘルパー1級より転職に有利

実務者研修は転職に有利

実務者研修は、試験の多さなど旧ホームヘルパー1級よりも難しいという特性があります。そうした事情は介護の経営者ならばわかっている事ですので、実務者研修を持っているという事は、そうした難しさを克服したものだとわかっています

 

そのため実務者研修を持っているというだけで旧ホームヘルパー1級より転職がしやすいという事情があります。それだけ即戦力として使えるという判断をされるわけですね

 

転職に必要なのは、実戦経験と資格

ホームヘルパー1級の資格より実務者研修が整っていれば、転職にも有利になります。資格が即戦力として使えるかという一つの目安になるわけですね。そうした目安があるというのは大切な事
転職が多い介護業界だからこそ、必要になる資格なのです。

 

実務者研修は旧ホームヘルパー1級と比べて、有利となる資格です。旧ホームヘルパー1級を持っていても実務者研修を受ける人もいます。それは実務者研修の特性上、必要だと判断したからです

そうした実務者研修は

 

誰でも受ける事ができます。受講資格はありません。無経験でも仕事をしながらでも介護福祉士実務者研修を受ける事ができます。是非ともそうした実務者研修を受けて、介護師としてステップアップしてみてください

実務者研修(旧ホームヘルパー1級)の資格を通信

実務者研修 資格

通信コースを選ぶ際に、介護福祉士実務者研修を取得出来る通信講座はたくさんあります。どれが良いの?って思って迷っている方にはこのシカトルと言う通信講座の資料請求を一括で出来るサイトがあります。

 

もちろん利用は完全無料ですので、最初の一歩としては資料請求を行い自分の一番合った費用や期間のコースを選んで行く事が良いでしょう!実際に手にとって資料を見てみるだけでもイメージがしやすいので^^

 

 


実務者研修の資格を最安値で取得

実務者研修資格

 

 

>>介護福祉士実務者研修 最短・最安で資格取得なら TOP


このページの先頭へ戻る